Crazy 5-Team Deal

f:id:KG21:20211011190312j:plain

 

ベン・シモンズのトレード案を何度か取り上げてきましたが、シクサーズはまだ高望みを捨てておらず、トレードが成立する気配はありません。

 

そんな中、ちょっとおもしろい記事がありました。

 

絶対実現しないと思いますが、今なにかと話題に上がっているスター選手を、根こそぎまとめて交換してしまおうという仰天プランです。

 

シモンズをはじめ、カイリー・アービング、デイミアン・リラード、ブラッドリー・ビール、ディアーロン・フォックス、CJ・マッカラム、バディ・ヒールド、トバイアス・ハリス、ハリソン・バーンズ、セス・カリーなどなどです。

 

5チーム13選手が絡む大シャッフルなんですが、一番興味を持ったのは、「このトレード成立するんだ!」という驚きです。

 

荒唐無稽なありえない話ではなく、現行ルール上で成立するトレードなんだという点が何よりの驚きです。

 

どんなトレードなのか、楽しみながら見ていきます。

 

シクサーズ

 デイミアン・リラード(←ブレイザーズ

 ブラッドリー・ビール(←ウィザーズ)

 

ブレイザーズ

 ベン・シモンズ(←シクサーズ

 ハリソン・バーンズ(←キングス)

 セス・カリー(←シクサーズ

 2022年1巡目指名権(←シクサーズ

 2023年1巡目指名交換権(←シクサーズ

 

<キングス>

 カイリー・アービング(←ネッツ)

 トバイアス・ハリス(←シクサーズ

 ナシアー・リトル(←ブレイザーズ

 2026年1巡目指名権(←シクサーズ

 2022年2巡目指名権(←ネッツ)

 

<ネッツ>

 ディアーロン・フォックス(←キングス)

 ケンタビウス・コールドウェル=ポープ(←ウィザーズ)

 2023年2巡目指名権(←シクサーズ

 

<ウィザーズ>

 CJ・マッカラム(←ブレイザーズ

 バディ・ヒールド(←キングス)

 タイリース・マクシー(←シクサーズ

 2024年1巡目指名権(←シクサーズ

 2024年1巡目指名権(←キングス)

 

わけがわからないぐらい壮大ですね。

よくこんなこと考えましたね。。

よくわからないのでチームごとに見ていきます。

 

 

シクサーズ

 PG:デイミアン・リラードシャキール・ハリソンジェイデン・スプリンジャーグラント・リラー

 SG:ブラッドリー・ビール/シェイク・ミルトン/アイザイア・ジョー

 SF:ダニー・グリーン/フルカン・コルクマズ/マティース・サイブル/アーロン・ヘンリー

 PF:ジョージ・ニャン/ポール・リード

   C:ジョエル・エンビードアンドレ・ドラモンドチャールズ・バッシー

 

シクサーズは何と言っても、リラード、ビール、エンビードBIG3ですね。

スーパーチームすぎて何だかわかりませんが(笑)

代わりに放出するのは、ベン・シモンズ、トバイアス・ハリス、セス・カリー、タイリース・マクシーの4人と、1巡目指名権3つ、1巡目指名交換権1つ、2巡目指名権1つ。

なかなかの出費ですね。。

ただ、リラードはいいんですが、ビールよりもフォワード系で誰かスター級が獲れると、もっとバランスがいいんですけどね。

バックコートに30点級のスコアラーを2人並べても、食い合っちゃって、シュート本数が減るだけになってしまうと思います。

 

 

ブレイザーズ

 PG:ベン・シモンズ/アンファニー・サイモンズ/デニス・スミスJr.

 SG:ノーマン・パウエル/セス・カリーベン・マクレモア

 SF:ロバート・コビントン/トニー・スネル/CJ・エルビーケルジン・ブレビンス

 PF:ハリソン・バーンズラリー・ナンスJr.パトリック・パターソングレッグ・ブラウン

   C:ユスフ・ヌルキッチ/コーディ・ゼラーマーキース・クリストレンドン・ワトフォード

 

ブレイザーズは、デイミアン・リラード、CJ・マッカラム、ナシアー・リトルを出し、ベン・シモンズ、ハリソン・バーンズ、セス・カリーを入れる形です。

チームの顔であるリラードとマッカラムの両バックコートを手放すにしては・・・・ちょっと対価が少ないかなという印象があります。

であれば、シモンズ⇔マッカラムの1対1のトレードの方がまだいいのではないかと思いますね。

リラードを出してこれでは、ちょっともったいないなと思います。

 

 

<キングス>

 PG:カイリー・アービングデイビオン・ミッチェル

 SG:タイリース・ハリバートン/テレンス・デイビス/ジャーマイアス・ラムジー

 SF:トバイアス・ハリスナシアー・リトル/ロバート・ウッダードⅡ/ルイス・キング

 PF:マービン・バグリーⅢ/モーリス・ハークレス/トリスタン・トンプソン/チメジー・メツ

   C:リショーン・ホームズ/アレックス・レン/デイミアン・ジョーンズ/ニミアス・ケイタ

 

カイリー・アービングは、ワクチン接種を受けておらず、ネッツのホームゲームに出場できない可能性が出てきています。

ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスでは、ワクチンを受けていない人のアリーナへの立ち入りを禁止することになったため、ネッツのホームゲームには出られなくなるからです。(ニックス、ウォリアーズ、レイカーズクリッパーズでの試合も同じく出られません)

今のところ、ネッツがカイリーを放出しようとする動きは出ていませんが、実際にゲームに出られなくなるとしたら、そうも言ってられないと思います。

 

ただ、カイリーが他のチームでプレーするかどうかは別問題です。

これだけワガママ放題で我を通してきたカイリーが、ドアマットチームでヤル気を出してプレーするとは到底思えません。

ネッツでプレーすることと、ワクチンを受けないことの、どっちが大事で、どっちの優先順位が高いのか。

全てはカイリー本人の選択次第だと思います。

 

 

<ネッツ>

 PG:ディアーロン・フォックスパトリック・ミルズジェボン・カーター

 SG:ジェイムズ・ハーデン/ケンタビウス・コールドウェル=ポープキャメロン・トーマス

 SF:ジョー・ハリス/ブルース・ブラウンJr./ディアンドレ・ベンブリーケスラー・エドワーズ

 PF:ケビン・デュラント/ポール・ミルサップジェイムズ・ジョンソンデボンテ・ケイコック

   C:ブレイク・グリフィン/ラマーカス・オルドリッジ/ニコラス・クラクストン/デイロン・シャープ

 

もしこのままカイリーが自らのスタンスを変えなければ、ネッツも動かざるをえなくなるかもしれません。

出せない選手を抱えておくぐらいだったら、出られる選手と交換した方が得策ですから。

 

ディアーロン・フォックスであれば、すぐに試合に出て、チームに貢献することができます。

オールスター一歩手前の若手なので、新BIG3を形成するには十分な若手のホープです。

フォックスが来るなら、優勝候補No.1というネッツのステイタスは変わらずに済むでしょう。

 

 

<ウィザーズ>

 PG:スペンサー・ディンウィディタイリース・マクシーアーロン・ホリデイ/ラウル・ネトカシアス・ウィンストン

 SG:CJ・マッカラム

 SF:バディ・ヒールド/デニ・アブディーヤ/コーリー・キスパート

 PF:カイル・クーズマ/八村塁/ダービス・ベルターンズ/アンソニー・ギル/アイザイア・トッド

   C:ダニエル・ギャフォード/モントレズ・ハレル/(トーマス・ブライアント)

 

ウィザーズは、ブラッドリー・ビールとコールドウェル=ポープの2人を出し、マッカラム、ヒールド、マクシーの3人と1巡目指名権2つをもらうトレードになります。

悪くない取り引きではあるのですが、マッカラムとヒールドの役割がカブりすぎているので、ちょっともったいないなという印象です。

優れたシューターですが、サイズが足りない2人はSG以外のつぶしが利きません。

どっちか1人にして、ポジションがカブらないスタータークラスの人材が入るといいなと思います。